自分の時間を持つことで変わったこと

主婦になってから忙しくて、自分の趣味が中々出来ないでいました。

とは言っても別にお金のかかるような趣味は無く、ラジオを聞いたりテレビを見たり、本を読んだりということくらいです。

ですが、ゆっくり座ってテレビを見ることもあまり出来ていませんでしたし、ラジオも聞いているつもりでも終わってみると実はあまり内容を覚えていなかったり、本なんてしばらく読んでいません。

そのときはあまり気になっていないのですが、ふとしたときに気になってしまうことがあるのです。

ですので、意識してやってみることにしました。

以前よりは落ち着いたので、自分の時間が持てるようにもなりましたし、効率もよくなったのです。

そして、自分のやりたかったことをやってみると、精神的に落ち着くことが出来ると感じました。

今までイライラしっぱなしだったわけではありませんが、やはりどこかに棘はあったような気がします。

それが完全に取れたとまでは言いませんが、かなり抜けているなとは感じます。

それは夫にも言われました。

人から見ても分かるのだったら、やはり効果はあったということです。

私はそのとき、ちゃんと自分の時間を持とうと決めました。

毎日少しでもそういう時間があれば、きっと優しくなれるのです。

1品持ちよりのホームパーティーが楽しい。

40代の主婦兼パートタイイマーです。私は近所の仲良しで初めた持ちよりパーティーを10年間続けています。

最初に持ちよりパーティーを始めたきっかけは、共同購入している宅配食材が運ばれてくる日にご近所さん数名でお茶をした事でした。

年代もバラバラ、旦那さんの職種もバラバラ、出身地も全く異なるので、一見共通点はない様に感じますが、実は話題に事欠くことがないくらい、様々な話で盛り上がれることが分りました。

楽しいお茶会でしたので、それから度々、共同購入の曜日合わせてお茶やランチをする様になりました。

毎週だと予定もきつくなり、辛くなるので隔週でお茶会をしていますが、今ではすっかりお茶会よりもランチ会がメインとなっています、

4人で始めて会も、今では7人に増えました。

7人のお宅を交代でお邪魔するのですが、それぞれ得意な分野の料理を持って行きます。

私はオーブンを使ったり、煮込み料理が得意なので、メイン担当です。

かかった材料費はレシートを持参すして、最後に合計して割り勘にしているので、お金も負担もメインを作っているからと言って特にはありません。

今ではこの持ち寄りのホームパーティーを心から楽しみに出来るほど、子育てや生活にも余裕が出てきたので、今度も良いお仲間を増やしながら会を続けて生きたいです。

生理痛や月経前症候群がひどい…女性って大変!

昔から生理痛がひどくて困っています。検診などを受けてもとくに問題はないのですが、生理痛も月経前症候質群もひどいです。色々と注意をしてホルモンバランスを整えるような生活を心がけていますが、なかなか改善しないのです。バランスのとれた食生活や質の良い睡眠、適度な運動にストレスをためないなど…。また、冷え性もひどいので体を冷やさないように気をつけていますが…。

毎月のことなので身体的にも精神的にも辛く、生理日がちょっと恐怖なくらいです。この時期だけは体調が悪くなる前に鎮痛剤を飲むようにしていますが、それも効いたり効かなかったりです。この時期を快適に過ごせたら、人生どんなに楽しいだろう…なんて考えたりすることもしばしば。家族にも毎回心配をかけてしまうのが申し訳ないです。生理の時ばかりは最低限の家事だけをするようにしていますが、それでもかなりしんどいです。

生理痛や月経前症候群で辛い思いをしている女性は結構いるのだろうな…と思います。そう考えると、本当に女性はがんばってるなぁとしみじみ思います。でも、女性は大変なことも多いけど、女性だからこそ楽しめることもたくさんありますよね。私もくじけず色々と工夫をして頑張ってみようと思います。

こんなので顔が日焼けするなんて

小さい時、一日中海で遊んでいた帰りに頬を中心に顔の皮が数か所剥けていることに気づきました。鏡をみたら顔が真っ赤に日焼けしていたのでびっくりしました。

当時は顔に日焼け止めも何も塗っていなく、炎天下の下で一日中遊んでいたために日焼けをしてしまったんだなと感じました。帰り道、顔の皮が剥けたためかヒリヒリと痛く宿に戻るのが苦痛でした。親も私の顔が赤いのを見て驚き、日焼け止めを塗っておけばよかったねと言いました。一緒に海に行ったいとこは日焼け止めを塗っていたそうで、全然顔が日焼けてしていませんでした。

私も日焼け止めを塗って海に行けばよかったと思いましたが、そんなことよりも日焼けによる皮剥きで顔中が我慢できないくらいヒリヒリ痛かったことが一番辛かったです。せっかくの海の思い出は辛い思い出に変わりました。

日焼けの皮剥けによる痛みは数日間続いた後消失しました。それからは海に関わらず、外出する際は必ず顔に日焼け止めを塗って出掛けるようになりました。もう日焼けで痛い思いをするのはこりごりです。

コンメテーターのように評論する夫

料理は独身時代からそれなりに作ってはいました。けれど、私は実家暮らしだったので、本格的に料理を毎日するようになったのは主人と結婚してからです。主人は付き合っていた頃、一人暮らしをしていたので、私が訪ねると料理を作るという事もたまにありました。その時は、美味しいといって食べてくれていました。

ところが、結婚してから暫くすると、結婚したての頃の朝食は本当にまずかったと言い出しました。私は今頃そんな事を言われるとは思ってもみなかったので驚きました。付き合っていたいた頃も、私の料理は美味しくなかったのかと聞くと、そんな前の事は忘れたと言うのです。そこまで前の話しでもないのに忘れたなんて、ひどいと思いました。それに、美味しくないなら、その時に言って欲しいとも言いました。けれど、会社に出勤する前だから余計な揉め事になるのが面倒だったから黙っていたとも言われました。それなりに自分の料理が普通だと思っていたので、そんなことをはじめとする言われてとてもショックでした。それからの主人は少し変わり、私の作る料理に対して、毎回味に奥行きかないとか、盛り付けの仕方が良くないとか色々と文句を言うようになりました。また、使ってる調味料が良くないとかまで言うのです。今ではもう面倒になり、文句を言わずに食べるように黙って料理を作って別々に食事をするようになりました。

便利なものは心地よくてもう昔には戻れない

なんということでしょう。

今週の月曜日に、電子レンジが壊れました。

週の最初から幸先の悪いスタートです。

夫に相談すると、週末に一緒に家電量販店に見に行こうと言うことで、週末まで電子レンジの無い生活をしなければいけません。

最初は気丈でした。

昔の人は電子レンジを使わなくても生きていたんだ。私にも出来る!などと思っていたのですが、いざ電子レンジの無い生活を始めると不便で仕方ありません。

例えば、みんなそれぞれ帰宅時間が違うので、家族の夕食を食べる時間が別々です。

炊飯器の保温をずっとつけておくとご飯がだんだん硬くなっていくので好きではありません。

お茶碗一杯くらいなら、そのつど電子レンジで暖めるのが便利です。

でも、今週から電子レンジが使えなくなって、本当に不便です。

子供たちに関して言えば、おかわりもしますから、電子レンジが無いのならやはり炊飯器の保温をつけ続けるしかないということです。

さらに、まだまだ家族みんな飲み物は冷たいものを飲んでいますが、私だけ一杯だけ温かいお茶を飲みたいと言う場合には、電子レンジで直接暖めるのが簡単だったのですが、それも電子レンジが無ければできません。

朝のお弁当作りもいつもの2倍の時間がかかります。

早く電子レンジが欲しくて仕方ありません。

いつの間にかあまりにも当たり前に電子レンジを使うようになっていて、もはや電子レンジなしでは生きていけないということが分かりました。

香りに無頓着な私が見つけたお気に入りのエアーフレッシュナー

皆さんの好きな香りは何ですか?お家に帰った時玄関を空けた瞬間の香り、洗濯物の香り、入浴剤の香り、お気に入りのアロマオイル。まだまだ私たちの生活には、色々な香りがあります。そしてストレスを癒してくれたり、リラックスさせてくれてたりしています。
とはいえ私は特別「香り」に関して詳しいわけでも、特別勉強しているわけでもありません。どちらかというと香りに関して無頓着で、リビングにも芳香剤のようなお気に入りの香りを置いたりアロマオイルを焚いたりもしません。そんな私ですが、おそらくこれから何度もリピートしてしまいそうな「香り」に出会ったのです。先日インターネットで柔軟材の特集をみつけました。そこからたどり着いたのが「ランドリン クラシックフローラルの香り」というエアーフレッシュナーでした。

お部屋やカーテンなどの布製品にシュッとするやつですね。これが何とも良い香り。本当に癒されるのです。外出して疲れて帰ってきたお部屋にシュッとしてソファーでくつろいだり、育児中のイライラの気分転換にシュッとしてみたり毎日お世話になっています。そして改めて「香り」ってこんなに気分を落ち着かせてくれたり、癒してくれるものなんだなとその効果を体感しています。これをきっかけに自分のお気に入りの香りを増やしていきたいなと思っています。